FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.12

L change the world 感想

************感想部分追記しました*******
書いておきたい内容はあるのに時間がどうにも、、ね、、むい(っzxっz)
なのでサクサクいきます!。表に出てる分はネタバレ無しです。。
私が駆け込んだ会場は出演者のサイン入りポスターが
ありました。。(梅 田ブル グ7)
会場内は終わってから見回したので定かじゃないのですが老若男女あらゆる客層が!!
Lすごい!!特に目立ったのは中学生男子のグループでした。。
なんだ、L萌え腐女子ばっかじゃないんだ(汗)
私の直前には同様に息を切らした少年が『L見たいんですけど!!』って一人で来てて
こんな年で一人映画?!と驚き。。
まあ私も一人映画派ですが私の隣はやはり一人で見に来た二十代中頃の男の子で
『、、、、なんで?!』なんて思っちゃいました。皆L、、好きなんだよね?(笑)
隣は家族連れのちっちゃい女の子で気持ち悪いシーンもおとなしく見てました。
私などはしょっちゅう眼をそらしてたというのに(情けない!)

映画が終わった時はホントみんな放心状態って感じで
独特の雰囲気でした。。普通もっとわいわいするのに
すっごい静かだったのが印象的でした。

ネタバレ感想続きにて
****ご注意****
私の中でLは勿論彼一人です
なので最後の23日なんてものは無いのです
という訳で松ケンLの映画を見に行きました
このあとの感想もそんな調子です

ただ前作よりは、ずっと愛おしく思えるようになりました
**********************

***********************
Lの映画と言われて不安一杯だったのですが
今回の映画でとても良かったのは
Lが生きた姿のまま終了する所です。
なんだかんだ言ってももう、どんなLも失いたくないのです。

この映画はLをただ動かすために作られたもの、内容とかじゃないと
思ってみたので楽しめました。Lお馬鹿さんだったけど、、
子供にやさしくするの、、大好きなので
でも全然身体を動かすのは苦手って感じじゃなかったよ。。
アレ、、何投げてたんだろう
真希を横抱きにして走った時はどこの王子様かとおもいました(夢)
映画の設定だとLにはL以外の仲間(?)が一杯いるんだね
なのにワタリに『あなたがいればそれで、、』なんて言うのね
松ケンはLを愛のない機械みたいな人、と言ってましたが
ちゃんと愛ある子にみえたよ。。寧ろやさしい子だったよ、、それがまた可哀相で
Lが人のためにとったやさしい行動が悉く切られてるようにみえて
そのたびにショックを受ける顔するのか、、涙
高見の見物、、だってLにはそんなこと無くて一緒にやってきたつもりだったじゃん。。

ワタリの遺体を見つめるシーンはもう、、見てられなかったよ、、、可哀相で

ニアは、、、入れちゃいかんかったな、ニアファンに叩かれるに決まってるじゃん!!
無駄に子供の顔松ケンの素顔に似せてるんじゃない!!っておもいました。

内容で、Fの死をワタリが仕方ないことって言ったから
ノートに名前書いたのかと思ったら、ワタL通(笑)に
ワタリを悲しませるからあの時迄その策を打つことが出来なかったんだよと言われて
また、、悲しくなりました
こんないい子が死ななきゃいけないなんてー。。

前作を引きずら無かったのが助かったよ
月もミサも関係なかったし。

映画が終わったあと本当にぼんやりしてしまいあまり内容覚えてません。。
ブーイングもあるけどこれなら松山Lの魅力あふれる映画と言えるのではないでしょうか。。
監督がL好きで良かったよ、、とりあえず。。(好感のある撮られ方をしている)


、、、、、映画の間中ずっと薄いシャツに透ける胸が気になったのは内緒です。。


この記事へのトラックバックURL
http://wanna.blog8.fc2.com/tb.php/543-18027438
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。